FC2ブログ
         

草花便りと色々

散歩や外出で見かけた四季の花や風物などを写して気ままに投稿して自己満足しています。

現在の日付、曜日、時刻


プロフィールの案内

おきてがみ

プロフィールは、下写真の右横my3をクリックしてgoo公開あしあとでご覧ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

フリーエリア

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ


ジオターゲティング01

ライブユーザー

検索フォーム

花の名前(題名)はすべてカタカナで入力しています。

ブックマーク

リンク

マツヨイグサの色々

7月に写した花はこれで終わりです。
更新した大待宵草は、団地へ向かう散歩コースで見つけたものです。
前回エビスグサを見つけた畑の道路脇です。
発見してから雨が降り、写せませんでしたが、30日の朝の散歩で、じっくり写すことができました。
大きい花が、沢山咲いています。大きくて数が多いことはいいことだと思います。
残念なことは、1株しかないということです。
全体写真には畑の外柵に使われた工事の足場材に使われる鋼鉄の管があります。花の大きさはその管に負けていません。(0730撮影)

matuyoigusa

matuyoigusa

matuyoigusa

matuyoigusa

matuyoigusa


アカバナ科マツヨイグサ属のマツヨイグサの仲間
(このブログでは、小待宵草、雌待宵草を紹介します)
1 コマツヨイグサ
一番小さい花で、地面を這うように茎を伸ばします。
花期は5?9月、
原産地北アメリカ、昭和になってから渡来

2 マツヨイグサ
図鑑では原産地南アメリカ 1851年に渡来、その後野生化して昭和中期頃まで荒れ地や河原で見られたが、大待宵草・雌待宵草が広がるに連れて少なくなり、萎むと黄赤色になるそうです。
私はまだ見たことがありません

3 メマツヨイグサ
1年草の雌待宵草、しっかりした茎を上に伸ばし、複数の花と咲かせます。
花期は7?9月、別名荒地待宵草
原産地北アメリカ、明治の中頃から渡来

4 オオマツヨイグサ
2年草の大待宵草、大きな花びらです。
花期は7?9月頃
原産地北アメリカ 帰化植物
(北アメリカ産のグランディフローラ種とエラタ種を元にヨーロッパで作出された園芸品種とボタニックガーデンにありました。)


7月中旬くらいから雌待宵草が咲いていましたが、写す時は、
2番目の写真のように、花びらがきれいに開いていないので待っていました。
開いたと思ったら雨にやられ写せませんでしたが、やっと色んなポーズを
写すことができました。(0724撮影)

matuyoigusa

matuyoigusa

matuyoigusa

matuyoigusa

matuyoigusa

和歌山県岩出市根来寺近くの道路で見つけました。
生えていたところは山の中の道路で園芸には関係ありません。
写すのは2年ぶりです。
大きな待宵草がガードレールを越えて路上に花を出しています。
※、新たに更新しましたので一部画像を削除しました。

matuyoigusa        

matuyoigusa

待宵草は見たことがないので、散歩コースにはないと思っていました。
写したところは空き家で屏の外にある植え込みから道路上に茎を伸ばし咲いていました。
花弁に筋がハッキリ付いていますので、待宵草でしょう。
小待宵草のように葉っぱが波打っていません、細くストレートです。(0604撮影)


@      

@       

@  

更新した6月の小待宵草です。
5月末から、茎を伸ばし、茂り出しました。


@        

@

3月の小待宵草は削除しました。
スポンサーサイト



テーマ:草花の四季 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/04(火) 07:00:34|
  2. 夏(5-7)黄橙の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<立秋 8月7日  | ホーム | 8月3日の朝日と猫>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://550hourai.blog8.fc2.com/tb.php/971-9328cf00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログ8ブログ